注目のコンテンツ
1989年開院全国19院
コンデンスリッチ豊胸術
名古屋オープントップイメージ

開院26年、共立美容外科・歯科の実績と技術のすべてをあなたに捧げます

この度、共立美容外科の17番目のクリニックを
名古屋の栄にOPENすることになりました。


共立美容外科の歴史は、
『痛くない治療を行うにはどうしたらいいのか?』
を考え、実践してきた歴史といっても過言ではありません。


「痛いのってイヤですよね。」


特許取得の傷跡保護器具『KBシース』の開発、
わきが手術に必要な器具『ローラークランプ』の開発、腫れない二重術、
『共立式二重埋没P-PL挙筋法』の開発・・・など。
患者さまに負担のかからない治療の実践を、
常に考えて今日まで努力して参りました。


料金は少しお高く感じられるかと思いますが、
満足のいく、痛みの少ない、質の高い治療をお約束します。
この地に根ざした、地元の方に愛されるクリニックを目指したいと思います。
宜しくお願いいたします。


CEO兼総括院長 久次米秋人

 

院長挨拶
CEO兼総括院長
久次米 秋人

患者様の立場に立った美容外科手術

当院は、全国各医院のドクターひとりひとりが日々、技術の向上に努力し、様々な新しい手法を開発してきました。
昨今、たくさんの美容外科がある中で、当院の手術料金は、決して安いわけではないと思います。


私たちは、
「患者さんの立場に立った美容外科手術を行う」
という開院時の信念を基に医療器具、機材、薬にこだわり、
医師をはじめ全てのスタッフが、患者さまに対して対応させていただいております。


美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。
私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。
充分にコミュニケーションをとり、あなたの夢に近づけていきます。
術後もご相談の機会をご用意して、いつまでもあなたの素敵な明日を応援していきます。

 

コンプレックスを取り除く美容外科

美容外科とは本人のコンプレックスを取り除くことで自信をつけさせる医療だと思います。
良い病院とは患者様の不安や悩みを取り除くことができる病院です。
私たちはそういう病院を目指し、時間をかけてお一人お一人に対応しています。

私たち共立美容外科が心がけているのは、来院された患者様から、
「どこをどうしたいのか」
をしっかりと聞き出すことです。
しっかりと話を聞くと、初め目の悩みで来ていた人が、
「実はここをこうしたかった」
と話してくれるようになります。
本当にやりたいことを知ることは、美容外科では非常に大事です。
だから私たちは、医師と患者様の
「十分な説明と同意」(インフォームドコンセント)
に時間をかけます。一般の病院の主治医と同じです。それはやらなくてもいい手術をやらないためです。

できるだけ患者様の要望を聞いて、医者も患者様も納得した上で手術を行うので、
不要な手術を行うことはありません。
美容外科の場合の成功・失敗を分けるのは、患者様との間の行き違いです。
患者様が不満足であれば、手術は失敗ということになり、患者様だけではなく私たちも困ったことになります。
患者様の満足度を上げることが一番大事なことです。


わからないことがあったら、すぐに共立美容外科の医師に聞いてください。
私たちはいらっしゃった方全員に、美容外科の施術方法に納得していただいてから、手術を受けて欲しいのです。


美容外科を訪れる患者様の年代は様々です。
下は10代から上は70代までの方が、私たちの病院を訪れます。誰もが年齢に応じた悩みを抱えています。
10代20代ならシワは気にしませんが、目や鼻、胸が気になる。
30代になると皮膚の衰えが出てきます。
40代は子どもが手を離れて、胸の形が気になる。
50代、60代は皮膚のたるみが多いです。

コンプレックスを取り除く美容外科 患者様にとってベストな美容外科を目指して
美容外科の選び方 共立美容外科は、主治医が患者様に丁寧に説明

久次米院長の「日々の日記」

院長日々の日記

患者様の立場に立った美容医療

画面をクリック!

ご予約お問い合わせはコチラ

ページTOPへ