眼瞼下垂の治療について。完治するための方法など。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

二重・目もとの悩み眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療眼瞼下垂の治療

見た目の美しさを意識した

挙筋短縮法による
眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを開く筋肉が、うまく機能しないために、目がしっかり開かない状態の症状です。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

眼瞼下垂の体への問題点

軽度

軽度の場合は問題ありません。

中度

①眠たそうな目つきになってしまう。
②二重のラインが出にくいか、出ても奥行がないので、浅いラインのようになってしまう。
③額のしわが目立つようになってしまう。

重度

①偏頭痛が頻発に起こってしまう。
②作業効率が著しく下がってしまう場合がある。
③生活面にも支障が出るようになってしまう。

眼瞼下垂はこのような問題があります。

上のまぶたの挙筋という筋肉について

上まぶたの挙筋という筋肉

まぶたは眼球を保護する専用のふたです。眼球は乾燥に弱くゴミやほこりの侵入で表面が傷つきやすいので、就寝中は下がりっぱなしになっています。日中は、まばたきをして、眼球表面の湿潤環境をつねに維持しています。まぶたを引き上げる筋肉が『挙筋(きょきん)』という筋肉になります。この挙筋がうまく機能せずに、まぶたがしっかり上がらない症状が「眼瞼下垂(がんけんかすい)」になります。

眼瞼下垂の治療方法 〜挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)〜

眼瞼下垂の治療法は、当院では、挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)という方法を採用しています。挙筋短縮法はその名の通り、挙筋を短縮する治療方法になります。挙筋を短縮する方法は、「挙筋の一部を切り取って短縮する方法」と「挙筋に補助する糸を加えて、力を伝わり易くする方法」の2つの方法があります。 共立美容外科では、患者様の症状に合わせて適した方法を採用しています。

眼瞼下垂の治療方法〜挙筋短縮法〜は2つの方法でご対応させて頂いています。

眼瞼下垂の治療の流れ

  • Step 1:専門医によるカウンセリング

    優しい医師がしっかりカウンセリングを行います。
    お悩みをお伺いした上で、手術の方法の説明や、眼瞼下垂の治療の説明を致します。専門医が直接カウンセリングを行いますので、無理に手術を勧めたり、セールスをしたりといった事はございません。

    Step 1:専門医によるカウンセリング
  • Step 2:複数人の医療スタッフを配備し、丁寧に手術

    優しい丁寧な医師が丁寧に手術を行います。
    医療スタッフを複数人配備し、安全に配慮した環境で手術を行います。共立美容外科には、日本美容外科学会認定専門医も在籍しています。
    また、麻酔薬や麻酔の注入方法にこだわり、痛みに配慮した施術する事を心掛けています。

    Step 2:複数人の医療スタッフを配備し、丁寧に手術
  • Step 3:検診(アフターケア)

    手術後、検診にお越し頂きます。手術後の経過順調かどうか検診します。手術後もしっかり状態を拝見いたします。

    Step 3:検診(アフターケア)

眼瞼下垂の概要

手術料金 ¥432,000〜
手術時間 約30分
通院回数 3回(手術、抜糸、1ヶ月検診)
回復までの期間 5日〜2週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可
仕事・外出
その他特記事項 医療施設、形成外科出身の良い医師を選ぶことをおすすめいたします。

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

医学博士

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

救急科専門医

日本美容外科医師会認定の医院です

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

日本美容外科医師会認定医院

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

早稲田大学での接遇サービスの授業

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

その他の二重・目もとの悩みの施術

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340