共立式目頭切開について

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

二重・目もとの悩み共立式目頭切開

共立式目頭切開共立式目頭切開

共立式目頭切開

目と目の間の距離が
離れている方。
目つきが悪く見える方。

共立式目頭切開とは

共立式目頭切開

目頭切開は、目頭を丁寧に切開する二重の施術方法です。目を大きな印象にすることができます。目と目の距離が離れている場合、理想的な距離に近づけるができます。

共立美容外科の目頭切開では主にZ型形成やW型形成を採用しています。

目頭切開はこのような方に向いています

このような方に向いています

  • 目と目の間の距離が離れていてバランスが悪い方。
  • 蒙古ひだ(もうこひだ)が強く張っている方。
  • 埋没法や挙筋法などのプチ整形で二重のラインを綺麗な平行のラインにしたいのに、蒙古ひだの張りが強いため、綺麗な平行のラインを出せない方。

共立式目頭切開で、バランスのよい目と目の距離に。

バランスのよい目と目の距離

目と目の距離の良いバランスは、目と目の間の距離がちょうど目の横幅と同じの長さの場合です。一般的に日本人の場合は目と目の間の距離が、34mm〜37mm程度がバランスの良い距離と言われています。

どんなにお顔が小さくても目と目の距離が30mm以下ですと寄り目に見えてしまいます。一方、どんなにお顔が大きくても、目と目の距離が40mm以上離れていると離れ目に見えてしまいます。

共立式目頭切開では、目と目が離れている場合、適度に目頭を切開し、パッチリと大きい目にするだけでなく、右目と左目の距離を考え、バランスの良い目と目の距離に改善します。

平行型と末広型

平行型と末広型

二重のラインを大雑把に分けると『平行型』と『末広型』に分けられます。

平行型は、二重のラインが平行に出ている形になります。

一方、末広型は、二重のラインが途中から出現し、目尻に向かって広がっていく形です日本人の二重の場合は末広型が8割程度、平行型は2割程度と言われています。

二重のラインは、その人の顔立ち、雰囲気にマッチングするのが最も美しいですが、化粧映えしやすく、ラインとしての存在感の大きい平行型が人気です。

目頭切開の種類

目頭切開の種類

目頭切開の種類は、現在の美容整形で行われている方法は大きく分けて「Z型形成」と「W型形成」の2つの型があります。この2つの型の違いは、目頭をアルファベットのZ字に切り込むか、W字に切り込むかの違いになります。

なりたい目やもともとの目の形によって、Z型形成を行うか、W型形成を行うか、医師とご相談の上決めさせていただきます。

三日月型は共立美容外科では行なっておりません。

Z型形成やW型形成は複雑な切開方法ですが、その他に、三日月型形成という簡単な目頭切開の方法もあります。

しかし、三日月型の場合、傷跡が変に目立ったり、皮膚が過度に鼻の方に引っ張られてしまい、不自然な形になってしまったり、目つきが悪くなってしまう場合があるため、共立美容外科では行っておりません。

Z型形成

Z型形成

“Z型形成”は目頭に、Zの字のようにメスを入れます。

W型形成に比べてデザインするのが難しいですが、傷跡が小さくて済みます。

手術の後でもご希望があれば、完全ではないにしろ多少は戻す余裕があります。

Z型形成

Z型形成では、まず、目頭にSTEP1のように、Zの字のようにメスを入れます。そして、STEP2のようにXの皮膚を捨てずに一回り小さいサイズ(STEP3の赤の点線の形)にカットします。

そして、STEP4で小さくカットしたXの部分を三角形cfeに埋め込んで、STEP5のように切開した線を綺麗に縫合します。

  

Z型形成のここがポイント

Z型形成
 

目立たない傷跡

共立美容外科のZ型形成では、手術直後の傷跡を目立たないようにするために、二重のラインの延長線上に縫合するラインが来るように計算して切開します。

このような細かい配慮をするかしないかで、仕上がりに大きな差が出ますよ。

W型形成

W型形成

“W型形成”は目頭の切開部分の糸の縫い上がりがW型になるためW型形成と呼ばれています。W型形成は開発者の名前を取り、内田式とも呼ばれています。

W型形成は、目頭を切開して縫った後に、皮膚が上と下に少しずつ延長する様に引っ張られます。そのため、切開した傷が将来、短くなった場合でも、このWの形が衝突や不和が和らげるので、見た目に悪影響が残りません。

また、切開することで目頭が内側に寄せられますが、W型形成は、上下にも目頭が少し広がるので、大きな印象の目にすることができます。

W型形成はデザインも簡単でミスの発生しにくい良法です。

W型形成

W型形成では、STEP1の二等辺三角形の底辺「○」の長さを調節する事で、目頭の鼻への寄せ幅を自由に調整できます。

また、「e、fの角度」をコントロールする事で、内側(鼻の方向)へ引き寄せるだけでなく、上の方(眉毛の方)へ引っ張ったり、下の方(頬の方)へ引っ張ったりすることも可能です。そしてSTEP3のようにWの字に縫い合わせます。

共立美容外科の目頭切開のポイント

共立美容外科の二重切開のポイント
特徴1

解剖学の知見

特徴2

ミリ単位でデザイン

特徴3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

特徴4

内出血と腫れに配慮

特徴5

複数人の医療スタッフを配置

特徴1

解剖学の知見

解剖学の知見

目の周りには傷をつけてはいけない大事な血管や神経細胞が沢山あります。目頭切開の手術をする際は、それらの組織を傷つけないようにするために解剖学の知見により、丁寧に切開しています。

出血を抑えるために、止血ができる医療機器も使用しています。

特徴2

ミリ単位でデザイン

ミリ単位でデザイン

デザインをしっかりするかしないかで仕上がりに大きな差が出ます。そのため、共立美容外科では、患者様のご希望に沿った仕上がりにするために、カウンセリング室や手術室で、何度も患者様と打ち合わせをし、二重のラインなどのデザインを決定します。

デザインをする際は、定規を使用するなどミリ単位でデザインを調整しています。

特徴3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

目頭切開の手術を行う場合の医療器具は多岐にわたります。ピンセット1つとっても何種類ものピンセットを細かく使用しています。

共立美容外科では一つ一つこだわりを持った医療器具を使用しています。また、完全滅菌された清潔な医療器具を使用しています。

特徴4

内出血と腫れに配慮

血を止める医療機器

内出血や腫れを抑えるために、血を止める医療機器を使用して細かく細部にわたって止血を行っています。

目頭切開の手術をする場合、皮膚を切るために血が出てしまいます。血が出過ぎてしまうと内出血や腫れな弊害をおこしてしまうので、内出血や腫れを防ぐために血を止める専用の医療機器を使用し、目頭切開の手術を行っています。

特徴5

複数人の医療スタッフを配置

安全への配慮

安全に配慮するために、複数の医療スタッフを配置し、清潔な環境で丁寧に手術をしています。

目頭切開の修正手術にも対応しています

目頭切開の修正手術にも対応

共立美容外科では、目頭切開の修正手術にも対応しております。カウンセリングで医師とご相談の上、修正手術をさせていただいております。

気づかれないように手術

気づかれないように手術

共立美容外科では、他人の方に気づかれないように配慮して目頭切開の手術を行っています。

目頭切開の手術の流れ

Z型形成の場合

Z型形成の流れ

Z型形成の場合の手術の流れを紹介します。

  • Step1 カウンセリング

    カウンセリング
    • 医師

      医師による目頭切開のカウンセリングを行っています。どのような目にされたいかなど、具体的な患者様のご要望を一つ一つお伺いさせていただきます。また、目頭切開の方法をご説明させて頂きます。
      患者様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心がけています。

  • Step2 二重のラインの確認

    二重のラインの確認
    • 医師

      ブジーという金属製の細い棒状の医療器具を使い、まぶた押さえながら、さまざまな幅や形の二重ラインを作り、鏡を見ながら、二重の幅を患者様と決めていきます。
      患者様の希望のイメージと実際の結果に差が出ないよう、患者様の言葉に真剣に耳を傾けるよう注意していますよ。

  • Step3 マーキング

    マーキング
    • 医師

      二重の幅が決まりましたら、切開する個所をイメージしながら、マーキングします。デザインの土台となる印なので、正確にマーキングします。マーキングはオペ室で行う場合もあります。

  • Step4 消毒

    消毒
    • 医師

      目の周りを中心に、顔全体を丁寧に消毒します。消毒後は清潔さを保つために、顔に手を触れないようにしていただいています。

  • Step5 手術の準備

    手術の準備
    • 医師

      滅菌された医療用の布を顔にかけます。目頭を切開した箇所を縫う、縫合糸(ほうごうし)はこの医療用の布の上で扱われ、最後まで清潔な状態で使用しています。

    ワンポイント:複数人の医療スタッフを配置

    安全への配慮
    • 医師

      安全に配慮するために、複数人の医療スタッフを配置します。

  • Step6 細やかなデザイン

    • 医師

      マーキングで印をつけた個所をもとに、二重の幅やラインの形、目頭の切開する個所などを考慮して、場合によっては定規を使いながらミリ単位で細かくデザインを行います。

  • Step7 デザインの確認

    • 医師

      デザインはこのような感じです。目と目の距離や二重の幅を計算してデザインしていますよ。

  • Step8 局所麻酔

    • 医師

      ゆっくり痛くないよう丁寧に、まぶたに麻酔を注射します。極細の針を使うため、痛みはあまり感じないと思いますが、目頭切開手術において、唯一軽い痛みを伴う場面なので、患者様にお声がけしながら痛みに配慮して注射しています。痛みと言ってもチクッとするくらいです。

  • Step9 目頭の切開

    • 医師

      麻酔が十分に効いたら、いよいよ手術開始です。Zの字のようにメスを優しく入れて、目頭を切開していきます。
      この工程は、術後の仕上がりを大きく左右する工程なので、集中力を高めて慎重に切開します。医師の腕の見せ所です。

  • Step10 止血マシンでの止血

    止血マシンでの止血
    • 医師

      目頭切開の手術は目頭の皮膚を切開するので、血が出てしまいます。出血が続くと腫れや内出血が長引く原因となりますので、医療用の止血マシンを使用して、1箇所ずつ丁寧に止血(電気凝固)します。

  • Step11 余った皮膚の切開

    余った皮膚の切開
    • 医師

      目頭を切開すると、皮膚を内側(鼻の方)に寄せるために、皮膚が一部余るので、その皮膚を丁寧に切開します。

  • Step12 二重のラインがでるように縫合

    二重のラインがでるように縫合
    • 医師

      二重のラインが綺麗にでるように丁寧に切開した部分を縫っていきます。この工程を丁寧にするかしないかで、二重のラインの仕上がりに大きな差が出ます。
      (仕上がりには個人差があります)

  • Step13 縫合

    • 医師

      目頭をZ字に縫って完成です。傷跡が目立たないように丁寧に縫います。

  • Step14 もう片方の目の目頭切開

    • 医師

      片側のラインに合わせて、もう片方の目も目頭切開します。患者様に目を開けたり閉じたりしていただきながら、細部のチェックをします。両目の左右差がでないように、何度も片方の目を確認して手術を行います。

  • Step15 薬の塗布

    • 医師

      両目の手術が終わったら、化膿しないように清潔な状態で優しく薬を塗ります。

  • Step16 目の冷却

    まぶたの冷却
    • 医師

      両目が終わりましたら、腫れや組織を落ち着かせるために、アイスノンでまぶたを冷却します。

  • Step17 痛み止めと抗生剤の服用

    痛み止めと抗生剤の服用
    • 医師

      痛み止めと抗生剤をお飲みいただきます。

  • Step18 ご帰宅

    • 医師

      お疲れさまでした。次回は抜糸にお越しくださいね。
      内出血が少し出てしまいますが、10日から2週間ほどでひくと思います。

  • Step19 抜糸・定期検診のためのご来院

    • 医師

      糸の抜糸にお越しいただきます。その際に、定期検診もさせて頂きます。

  • Step20 抜糸

    • 医師

      丁寧に外側の糸を抜糸します。抜糸中は糸を引き上げる際に少しチクチクする感触がありますが、痛みを伴うレベルではありません。

  • Step21 定期検診

    • 医師

      後日、状態により定期検診をお受けいただく場合もございます。定期検診の回数は、状態によって異なります。

W型形成の場合

W型形成の場合の手術の流れを紹介します。

  • Step1 カウンセリング

    カウンセリング
    • 医師

      美容の専門医による目頭切開のカウンセリングを行っています。どのような目にされたいかなど、具体的な患者様のご要望を一つ一つお伺いさせていただきます。また、目頭切開の方法をご説明させて頂きます。
      患者様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心がけています。

  • Step2 二重のラインの確認

    二重のラインの確認
    • 医師

      ブジーという金属製の細い棒状の医療器具を使い、まぶた押さえながら、さまざまな幅や形の二重ラインを作り、鏡を見ながら、二重の幅を患者様と決めていきます。
      患者様の希望のイメージと実際の結果に差が出ないよう、患者様の言葉に真剣に耳を傾けるよう注意していますよ。

  • Step3 マーキング

    マーキング
    • 医師

      二重の幅が決まりましたら、切開する個所をイメージしながら、マーキングします。デザインの土台となる印なので、正確にマーキングします。マーキングはオペ室で行う場合もあります。

  • Step4 消毒

    消毒
    • 医師

      目の周りを中心に、顔全体を丁寧に消毒します。消毒後は清潔さを保つために、顔に手を触れないようにしていただいています。

  • Step5 手術の準備

    手術の準備
    • 医師

      滅菌された医療用の布を顔にかけます。目頭を切開した箇所を縫う、縫合糸(ほうごうし)はこの医療用の布の上で扱われ、最後まで清潔な状態で使用しています。

    ワンポイント:複数人の医療スタッフを配置

    安全への配慮
    • 医師

      安全に配慮するために、複数人の医療スタッフを配置します。

  • Step6 細やかなデザイン

    • 医師

      マーキングで印をつけた個所をもとに、二重の幅やラインの形、目頭の切開する個所などを考慮して、場合によっては定規を使いながらミリ単位で細かくデザインを行います。

  • Step7 デザインの確認

    • 医師

      デザインはこのような感じです。目と目の距離や二重の幅を計算してデザインしていますよ。

  • Step8 局所麻酔

    • 医師

      ゆっくり痛くないよう丁寧に、まぶたに麻酔を注射します。極細の針を使うため、痛みはあまり感じないと思いますが、目頭切開手術において、唯一軽い痛みを伴う場面なので、患者様にお声がけしながら痛みに配慮して注射しています。痛みと言ってもチクッとするくらいです。

  • Step9 目頭の切開

    • 医師

      目頭をWの字にメスをいれて丁寧に切開します。麻酔をしているので痛みはほとんどありません。

  • Step10 止血マシンでの止血

    止血マシンでの止血
    • 医師

      目頭切開の手術は目頭の皮膚を切開するので、血が出てしまいます。出血が続くと腫れや内出血が長引く原因となりますので、医療用の止血マシンを使用して、1箇所ずつ丁寧に止血(電気凝固)します。

  • Step11 二重のラインがでるように縫合

    二重のラインがでるように縫合
    • 医師

      二重のラインが綺麗にでるように丁寧に切開した部分を縫っていきます。この工程を丁寧にするかしないかで、二重のラインの仕上がりに大きな差が出ます。
      (仕上がりには個人差があります)

  • Step12 もう片方の目の目頭切開

    • 医師

      片側のラインに合わせて、もう片方の目も目頭切開します。患者様に目を開けたり閉じたりしていただきながら、細部のチェックをします。両目の左右差がでないように、何度も片方の目を確認して手術を行います。

  • Step13 薬の塗布

    • 医師

      両目の手術が終わったら、化膿しないように清潔な状態で優しく薬を塗ります。

  • Step14 目の冷却

    まぶたの冷却
    • 医師

      両目が終わりましたら、腫れや組織を落ち着かせるために、アイスノンでまぶたを冷却します。

  • Step15 薬の服用

    • 医師

      痛み止めと抗生剤の薬をお飲みいただきます。

  • Step16 ご帰宅

    • 医師

      お疲れさまでした。次回は抜糸にお越しくださいね。
      内出血が少し出てしまいますが、10日から2週間ほどでひくと思います。

  • Step17 抜糸・定期検診のためのご来院

    • 医師

      糸の抜糸にお越しいただきます。その際に、定期検診もさせて頂きます。

  • Step18 抜糸

    • 医師

      丁寧に外側の糸を抜糸します。抜糸中は糸を引き上げる際に少しチクチクする感触がありますが、痛みを伴うレベルではありません。

  • Step19 定期検診

    • 医師

      後日、状態により定期検診をお受けいただく場合もございます。定期検診の回数は、状態によって異なります。

ダウンタイムに関して

ダウンタイムに関して

目頭切開の腫れや内出血は1週間程度になります。また、目頭切開した部分の化粧が可能になるのも1週間程度です。

スケジュール

休みが比較的自由にとれる学生や就職活動中の方は、平日などいつでも手術を受ける方が多いですが、社会人の方の場合は、ダウンタイムを考慮して、土日に有給を足して3日程度お休みをお取りになって目頭切開の手術を受ける方が多いです。

メガネで傷跡を隠す

手術後1週間程度は、メガネをかけて傷跡が人から見えないようにされる方が多いです。また、「ものもらいになった」や、「花粉症だから」などという理由でメガネをかけている理由をお話しされる方が多いです。

ファンデーションで傷跡を隠す

手術後、1週間が経過すると、目頭を切開した部分の化粧ができるようになるので、傷跡や内出血をファンデーションを塗ってごまかす方が多いです。

共立式目頭切開の概要

手術料金 ¥270,000〜
手術時間 約60分
通院回数 3回(手術、抜糸、必要に応じ1ヶ月検診)
回復までの期間 5日〜1週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

医学博士

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

救急科専門医

日本美容外科医師会認定の医院です

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

日本美容外科医師会認定医院

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

早稲田大学での接遇サービスの授業

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

その他の二重・目もとの悩みの施術

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340