共立美容外科は全国に24院展開しています。美容整形を中心とした美容医療を提供しています

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

二重・目もとの悩み二重切開(全切開・ミニ切開)

二重切開(全切開・ミニ切開)二重切開(全切開・ミニ切開)

二重の切開手術で

パッチリと大きな
可愛い目に

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)とは

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)とは

二重の切開には、マブタを切開して、マブタの脂肪やたるみを取り、半永久的なすっきりした綺麗な二重を作る『全切開・ミニ切開』、 目頭を切開する『目頭切開』 、そして目尻を切開する『目尻切開』があります。

このページではマブタを切開して、半永久的な綺麗な二重を作る『全切開・ミニ切開』について紹介しています。

全切開とミニ切開(部分切開)の違い

全切開とミニ切開(部分切開)の違い

全切開とミニ切開の違いは、マブタの上の切開する長さが長いか短いかの違いです。全切開はマブタの上を綺麗な二重のラインがでるように長く切開しますが、ミニ切開の場合は、マブタの上を全切開より短く切開します。

全切開の場合は、マブタを大きく切開する分、マブタの脂肪も多く取れるのですっきりした目にすることができますし、マブタのたるみも取ることができます。

一方、ミニ切開の場合は、マブタの脂肪を取る量も全切開に比べ少ないですし、取るタルミの量も少ないです。

  

全切開

全切開

マブタの上を切開して、マブタの脂肪を取り、すっきりした大きい目にします。また、たるみが気になる場合は、たるんだ皮膚を一緒に切除する事でぱっちりとした大きい目にすることができます。

全切開では、切開した部分が綺麗な二重のラインを作るようにきれいに縫います。埋没法のように糸で瞼を数点だけ止めて二重を作るのではなく、皮膚と皮膚を縫い合わせ、二重のラインを作るので半永久的な二重を作る事ができます。

  

ミニ切開(部分切開)

ミニ切開(部分切開)

マブタの上を少しだけ切開して、マブタの脂肪を取ります。また、たるみが気になる場合は、全切開と同様、たるんだ皮膚を一緒に切除する事でタルミを治療することができます。

切開した部分は、綺麗な二重のラインがでるように、切開した部分の皮膚と皮膚を細い糸で綺麗に縫います。

ダウンタイムがすごく気になる方はミニ切開が向いています。埋没法のように糸で瞼を数点だけ止めて二重を作るのではなく、皮膚と皮膚を縫い合わせ、二重のラインを作る事ができます。

ミニ切開は、全切開に比べて、一部分を切開する手術なので「部分切開」とも呼ばれています。

中央を切開する場合、両端を切開する場合

ミニ切開は、マブタの中央を切開する場合と、マブタの両端を2か所切開する場合の2パターンあります。

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)手術はこのような方に向いています

このような方に向いています

  • 大きい目にしたい方
  • はっきりとした目にしたい方
  • 埋没法の糸が取れやすい方
  • まぶたの厚みが気になる方
  • まぶたのたるみが気になる方

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)の手術で作れる目の形

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)の手術で作れる目の形

二重の切開手術では、並行型や末広型のラインの二重や奥二重を作る事ができます。

並行型のラインの場合、二重のラインの幅を広くしたり、狭くしたり、自由に調整することができます。

末広型(ラインの幅が目尻に沿って幅が広くなる型)の場合、二重切開でも形成することが可能ですが、目頭切開を併用するとさらにベストな目尻に近づけることができます。

奥二重も切開するラインを調整する事で作る事ができます。

いずれの場合も、もともとの目の状態により仕上がりに個人差が出ますので、カウンセリングで医師と時間をかけてご希望の目をご相談いただければと思います。

目のたるみが気になる場合

目のたるみが気になる場合

目の上のたるみが気になる方の場合、目の上のたるんでいる皮膚を切開します。目の上のたるんだ皮膚を切開すると、まぶたの上部の厚い皮膚と、まぶたの下部の薄い皮膚がくっつくので、立体感のある目にすることができます。

たるんだ皮膚が無くなるので、すっきりした印象になります。

マブタの厚みが気になる場合

まぶたの厚みが気になる場合

マブタの厚みがある方の場合、マブタの厚みの原因となっている脂肪細胞を除去することで、大きい可愛らしい目にすることができます。

マブタの上を切開した線は、二重のラインとなり、二重のしわと馴染むので、切開した傷跡が目立つことはほとんどありません。

共立美容外科の全切開・ミニ切開(部分切開)

共立美容外科の二重切開
1

解剖学を考慮

2

精密なデザイン

3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

4

内出血と腫れに配慮

5

複数人の医療スタッフを配置

1

解剖学を考慮

解剖学を考慮

目の周りには傷をつけてはいけない大事な血管や神経細胞が沢山あります。二重の切開手術する際は、それらの組織を傷つけないようにするために解剖学を考慮し切開しています。

出血を抑えるために、止血ができる医療機器も使用しています。

2

精密なデザイン

精密なデザイン

デザインをするかしないかで仕上がりに大きな差が出ます。そのため、患者様のご希望に沿った仕上がりにするために、カウンセリング室や手術室で、何度も患者様と打ち合わせをし、二重のラインなどのデザインを決定します。

デザインをする際は、定規を使用するなどミリ単位でデザインを調整しています。

3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

二重の切開手術を行う場合の医療器具は多岐にわたります。ピンセット1つとっても何種類ものピンセットを細かく使用しています。

一つ一つこだわりを持った医療器具を使用しています。また、完全滅菌された医療器具を使用しています。

4

内出血と腫れに配慮

血を止める医療機器

内出血や腫れを抑えるために、血を止める医療機器を使用して細かく細部にわたって止血を行っています。

目頭切開の手術をする場合、皮膚を切るために血が出てしまいます。血が出過ぎてしまうと内出血や腫れな弊害をおこしてしまうので、内出血や腫れを防ぐために血を止める専用の医療機器を使用し、目頭切開の手術を行っています。

5

複数人の医療スタッフを配置

複数人の医療スタッフを配置

複数の医療スタッフを配置し、整った環境で手術をしています。

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)手術の流れ

  • Step1 カウンセリング

    カウンセリング
    • 医師

      医師によるカウンセリングを行っています。どのような目にされたいかなど、具体的な患者様のご要望を一つ一つお伺いさせていただきます。また、二重の整形の方法をご説明させて頂きます。
      患者様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすさを心がけています。

  • Step2 二重のラインの確認

    二重のラインの確認
    • 医師

      ブジーという金属製の細い棒状の医療器具を使い、まぶた押さえながら、さまざまな幅や形の二重ラインを作り、鏡を見ながら、二重の幅を患者様と決めていきます。
      患者様の希望のイメージと実際の結果に差が出ないよう、患者様の言葉に真剣に耳を傾けるよう注意していますよ。

  • Step3 マーキング

    マーキング
    • 医師

      二重の幅が決まりましたら、そのラインに沿って印をつけ、マーキングします。デザインの土台となる印なので、正確にマーキングします。

  • Step4 消毒

    消毒
    • 医師

      目の周りを中心に、顔全体を消毒します。消毒後は顔に手を触れないようにしていただいています。

  • Step5 手術の準備

    手術の準備
    • 医師

      滅菌された医療用の布を顔にかけます。切開した後のまぶたを縫う、縫合糸(ほうごうし)はこの医療用の布の上で扱われ、最後まで滅菌された状態で使用しています。

    複数人の医療スタッフを配置

    複数人体制
    • 医師

      複数人の医療スタッフを配置します。

  • Step6 細やかなデザイン

    細やかなデザイン
    • 医師

      印をつけた個所をもとに、二重の幅やラインの形、皮膚の切除量などを考慮して、定規を使いながらミリ単位で細かくデザインを行います。

  • Step7 デザインの確認

    デザインの確認
    • 医師

      デザインはこのような感じです。この方はたるみが気にならない方だったので、皮膚の切除が少ない縦幅が短いデザインになっています。
      たるみが気になる方の場合は、皮膚の切除が大きくなるので、縦幅の長いデザインになります。

  • Step8 局所麻酔

    局所麻酔
    • 医師

      ゆっくりまぶたに麻酔を注射します。細い針を使うため、痛みはあまり感じないと思いますが、二重の切開手術において、唯一軽い痛みを伴う場面なので、患者様にお声がけしながら痛みに配慮して注射しています。痛みと言ってもチクッとするくらいです。

  • Step9 まぶたの上の皮膚の切開

    まぶたの上の皮膚の切開
    • 医師

      麻酔が十分に効いたら、いよいよ手術開始です。まずまぶたの上の皮膚を切開していきます。この工程は、術後の仕上がりを大きく左右する工程なので、集中力を高めて慎重に切開します。医師の腕の見せ所です。

  • Step10 眼輪筋の一部を細かく切除

    眼輪筋の一部を細かく切除
    • 医師

      皮膚を切開すると、その下に眼輪筋(がんりんきん)というまぶたの筋肉が現れます。術後の二重のラインをイメージしながら、眼輪筋の一部を細かく切除します。
      眼輪筋を細かく切除する作業は手間がかかりますが、術後の二重のラインをより良い形に仕上げるためには大事な工程の1つです。

  • Step11 止血マシンでの止血

    止血マシンでの止血
    • 医師

      二重切開の手術はまぶたの皮膚を切開するので、血が出てきてしまいます。出血が続くと腫れや内出血が長引く原因となりますので、医療用の止血マシンを使用して、1箇所ずつ止血(電気凝固)します。

  • Step12 まぶたの脂肪の除去

    まぶたの脂肪の除去
    • 医師

      まぶたの脂肪を医療機器を使って除去します。まぶたの脂肪を除去すると、重いまぶたがすっきりした印象になります。
      また、個人差がありますが、幼い顔立ちを落ち着いた顔立ちに変えることができます。

  • Step13 切開した部位の皮膚の中側の縫合

    切開した部位の皮膚の中側の縫合
    • 医師

      脂肪を除去したら、切開した部分を細い糸を使用して縫い合わせていきます。まず、切開した部位の皮膚の中の方を縫います。

  • Step14 皮膚の外側に近い部位の縫合

    皮膚の外側に近い部位の縫合
    • 医師

      次に、皮膚の外側に近い部位を縫い、皮膚と皮膚を近づけます。いきなり皮膚を近づけると綺麗なラインが出ない場合があるので、皮膚と皮膚を近づけるこのひと手間は大切になります。
      ※医師の判断により必要がない場合は、この工程は行わない場合もあります。

  • Step15 皮膚の縫合

    皮膚の縫合
    • 医師

      最後に、皮膚を縫って完成です。最後に縫った糸は、5日〜7日後に抜糸(ばっし)をします。
      抜糸する糸であっても、糸を通す幅のちょっとした違いによって二重のラインが大きく変わってしまいます。そのため、皮膚を縫う作業は一針一針気が抜けません。
      医師だけでなく、看護師の手際の良さも大事になります。

  • Step16 縫い目の確認

    縫い目の確認
    • 医師

      糸の縫い目はこのような感じです。

  • Step17 もう片方の目の切開

    もう片方の目の切開
    • 医師

      片側のラインに合わせて、もう片方の目も切開します。患者様に目を開けたり閉じたりしていただきながら、細部のチェックをします。両目の左右差がでないように、何度も片方の目を確認して手術を行います。

  • Step18 薬の塗布

    薬の塗布
    • 医師

      両目の手術が終わったら、化膿しないように薬を塗ります。

  • Step19 まぶたの冷却

    まぶたの冷却
    • 医師

      腫れや組織を落ち着かせるために、アイスノンでまぶたを冷却します。

  • Step20 痛み止めと抗生剤の服用

    痛み止めと抗生剤
    • 医師

      痛み止めと抗生剤をお飲みいただきます。

  • Step21 ご帰宅

    ご帰宅
    • 医師

      お疲れさまでした。次回は抜糸にお越しくださいね。
      内出血が少し出てしまいますが、10日から2週間ほどでひくと思います。

  • Step22 抜糸・定期検診のためのご来院(後日)

    抜糸・定期検診のためのご来院(後日)
    • 医師

      糸の抜糸にお越しいただきます。その際に、定期検診もさせて頂きます。

  • Step23 抜糸(後日)

    抜糸(後日)
    • 医師

      外側の糸を抜糸します。抜糸中は糸を引き上げる際に少しチクチクする感触がありますが、痛みを伴うレベルではありません。

  • Step24 定期検診(後日)

    定期検診(後日)
    • 医師

      後日、状態により定期検診をお受けいただく場合もございます。定期検診の回数は、状態によって異なります。

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)の概要
保険適用外の自由診療・税抜き

全切開 ミニ切開
手術料金(税抜き) ¥300,000〜¥500,000
たるみの程度により料金が異なります。
¥250,000

共立美容外科は全国に24院あります

共立美容外科は全国に24院あります

共立美容外科は全国に24院あります。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの悩みの施術

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340