共立美容外科は全国に24院展開しています。美容整形を中心とした美容医療を提供しています

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

隆鼻術プチスレッド・ノーズアップ

プチスレッド・ノーズアッププチスレッド・ノーズアップ

鼻の美容整形、切らない隆鼻術

溶ける糸で鼻を高く

プチスレッド・ノーズアップとは

プチスレッド・ノーズアップは、「プチスレッド」という、溶ける医療用の糸を鼻の鼻柱(びちゅう)という部分と鼻筋という部分に挿入し、鼻先を高くする美容整形です。

鼻尖形成術(びせんけいせいじゅつ)の一種です。

プチスレッド・ノーズアップの美容整形の対象部位

鼻の美容整形で成形できる部位は、「鼻筋(はなすじ)」、「鼻先(鼻尖)」、「小鼻(鼻翼)」の3つの部位です。鼻先は、鼻尖(びせん)ともよばれ、小鼻は鼻翼(びよく)とも呼ばれます。

この3つの部位の中で、プチスレッド・ノーズアップの美容整形ができるのは、鼻先になります。

鼻の穴は左右2か所ありますが、その間の皮膚の部分を「鼻柱(びちゅう)」と言います。プチスレッド・ノーズアップでは、プチスレッド(溶ける糸)を鼻柱と鼻筋に挿入することで、鼻先を高くする美容整形です。

プチスレッド・ノーズアップはこのような方に向いています

  • 鼻先を高くしたい方
  • 鼻先をとがらせたい方
  • 団子鼻を治したい方
  • 注射のような方法で鼻先を高くしたい方
  • 仕事帰りなど短時間で施術を受けたい方
  • ヒアルロン酸で鼻筋は高くなったが鼻先も高くしたい方
  • プロテーゼを使用したくない方
  • 耳介軟骨移植手術ではない方法で鼻先を高くしたい方
  • やがて体に吸収される素材で美容整形を受けたい方

プチスレッド・ノーズアップの施術道具

インジェクターとプチスレッド

プチスレッド・ノーズアップは、インジェクターとプチスレッドという溶ける糸を使用して施術を行います。

シャープペンシルをイメージするとわかりやすいです。シャープペンシルがインジェクターで、シャープペンシルの芯が溶ける糸になります。インジェクターを押すと、インジェクターの中に入っているプチスレッドが押し出されます。

鼻を高くする場合、鼻先にインジェクターの先の部分を当てて、インジェクターの上の部分を押し出すとプチスレッドが出てくるので、そのままプチスレッドが鼻の中に挿入されます。

プチスレッド・ノーズアップでは、プチスレッドを鼻柱と鼻筋にそれぞれ4本ずつ挿入します。

プチスレッドを挿入する際は、鼻先をつまみながら挿入します。つまみながら挿入すると、プチスレッドが接着剤の役割を果たすので、鼻先をつまんだ状態の高さからは若干低くなりますが、もともとの鼻より高い位置で鼻先をキープすることができます。(個人差があります)

鼻にある軟骨について

鼻の軟骨の名称

鼻は人間が呼吸をするための空気の出入り口になっています。骨は硬くて頑丈ですが、その一方で、くだけやすい性質があります。鼻はぶつけやすいので普通の骨でできている場合、すぐ折れてしまい、呼吸ができなくなってしまいます。

そのため、鼻は鼻骨、外側軟骨、大鼻翼軟骨、小鼻翼軟骨といった複数の軟骨という弾力性がある丈夫な骨でできています。これらの軟骨が屋台骨となって空気が出入りしやすいよう、鼻の皮膚を支えています。

プチスレッドの挿入場所

プチスレッドは鼻の軟骨の上にある皮下組織に、鼻筋と鼻柱に沿って挿入します。

プチスレッドの挿入方法

2種類の挿入方法

鼻柱にプチスレッドを挿入する場合、まっすぐプチスレッドを挿入する「ストレート法」と、交差させて挿入する「クロス法」の2種類の方法があります。

お一人お一人の鼻の形に合わせて、挿入方法を適宜決定して施術を行っています。

鼻先を尖らせるように持ち上げる

この画像は、イメージ画像ですが、鼻柱と鼻筋にプチスレッドを挿入すると、丸みがあった鼻先がツンと尖って(とがって)上がるのでツンとした鼻筋の通った鼻にすることができます。※仕上がりには個人差があります。

プチスレッドの素材について

プチスレッドの素材
素材1

形状

素材2

溶ける性質

素材3

弾力性のある性質

素材4

長さは8種類

素材5

衛生面に配慮

素材1

形状

プチスレッドは、鼻先を高くできるような形状をしています。プチスレッドの両方の先端は、ほうき状になっており、胴(どう)の部分はコグ(トゲとも呼ばれます)が複数個ついています。

プチスレッドを鼻に挿入すると、両側の先端についているほうき状の部分が鼻先と骨を上下につっかえ棒のように押し上げ、鼻先を高く持ち上げようとします。

また、胴の部分にあるコグ(トゲ)が鼻に挿入後、組織に食い込み、鼻先を上に持ち上げようとします。

素材2

溶ける素材

プチスレッド・ノーズアップは生体材料(医療用素材)として認められている縫合糸です。PDO(Polydioxanone)という、体内でやがて溶けてなくなる素材でできています。

素材3

弾力性のある素材

プチスレッド・ノーズアップは弾力性があります。鼻に挿入した後も突っ張りすぎることなく、筋肉の動きに合わせて動くように作られています。

素材4

プチスレッドの長さは8種類

プチスレッド(糸)の長さは8種類あります。その中から、鼻先を高くするためのプチスレッドを、お一人お一人の鼻の状態に合わせて医師が選び、鼻柱や鼻筋に挿入します。

素材5

衛生面に配慮

プチスレッドは衛生面に配慮して製造されています。

ヒアルロン酸とプチスレッド・ノーズアップ

鼻先には血管が無数にあり、鼻先の血管を詰まらせる恐れがあるため、ヒアルロン酸を鼻先に注入することはあまりありません。

また、万が一鼻先にヒアルロン酸を注入したとしても、鼻先の皮膚は厚いので、ヒアルロン酸が押しつぶされてしまい、鼻先を上に出すことができません。

一方、プチスレッドは、鼻に挿入後は「柱」の役割をするため、鼻先の皮膚に押しつぶれないように、鼻先を持ち上げることができます。

動画で解説

プチスレッド・ノーズアップを、共立美容外科の医師、磯野智崇が動画で解説しています。
※画像をクリックすると、Youtubeの動画が流れます。

プチスレッド・ノーズアップの施術の流れ

プチスレッド・ノーズアップの施術の流れ

プチスレッド・ノーズアップの施術の流れをご説明します。

※目安の流れになります。患者様のご状態、ご希望により医師の判断で、このご説明する流れと若干異なる場合があります。

  • Step1 ご来院

    ご来院
    • 医師

      患者様にご満足いただけるよう、美容整形の施術や手術の内容に応じて担当する医師の予定を調整させていただいております。そのため、完全予約制となっております。
      ご来院される際は、事前のご予約をお願いしております。また、スタッフ一人一人が、患者様をお待たせしないように心がけております。

  • Step2 問診票の記入

    問診票の記入
    • 医師

      医師によるカウンセリングの前に問診票(もんしんひょう)という用紙に、美容整形に関するお悩みをお書きいただいております。
      この用紙をもとに、カウンセリングをさせていただきますので、施術時間など、気になることを何でもお書きください。

  • Step3 医師によるカウンセリング

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      患者様とコミュニケーションをとるために、カウンセラー職という職を置いておらず、医師が直接カウンセリングを行います。どのような鼻先にされたいかなど、具体的なご要望を医師にお伝えくださいね。緊張されていると思いますので、リラックスできるよう、どの医師も心がけています。
      また、プチスレッドノーズアップの施術方法やご注意点なども合わせてお伝えさせていただいております。もし、鼻先以外にも興味がある美容整形があれば担当医にお気軽にご相談してみてくださいね。

  • Step4 料金のご説明

    料金のご説明
    • 医師

      プチスレッドノーズアップのご料金を施術前にご案内させていただいております。分かりやすくご説明させていただくよう心がけています。ご料金についてのご不明な点は、スタッフにお伝えください。
      また、各種クレジットカードや医療ローンもご利用いただけます。

  • Step5 施術室へ入室

    施術室へ入室
    • 医師

      施術室にご案内いたします。施術室にご入室されましたら、髪をおまとめさせていただき、横になっていただきます。緊張されていると思いますので、スタッフ全員がリラックスできるよう心がけています。
      また、施術室にはBGMが流れていますので、リラックスしていただければと思います。

  • Step6 麻酔クリーム

    麻酔クリーム
    • 医師

      鼻に麻酔クリームを塗ります。麻酔クリームを塗りましたら、20分程度お待ちいただきます。20分程度たちましたら、鼻の感覚がなくなってきます。

      ※麻酔クリームは別途¥5,000(税抜き)になります。

  • Step7 麻酔クリームのふき取り

    麻酔クリームのふき取り
    • 医師

      麻酔クリームをふき取ります。

  • Step8 デザイン

    デザイン
    • 医師

      プチスレッドをどのように挿入するかデザインを行います。プチスレッドは鼻先から挿入しますので、刺入点(しにゅうてん)というインジェクターの針を刺す個所のマーキングを行ったりもします。

  • Step9 消毒

    30分程度お待ちいただきます
    • 医師

      鼻を中心に、顔を消毒します。消毒後は顔に手を触れないようにしていただいています。

    複数人体制で行っています。

    複数人体制
    • 医師

      プチスレッドノーズアップの施術は、医師一人では行わず、医療スタッフを配置して複数人体制で行っています。衛生面に配慮して施術を行っています。

  • Step10 衛生面に配慮

    衛生面に配慮
    • 医師

      衛生面に配慮するために、滅菌された医療用の布を顔にかけます。

  • Step11 プチスレッドの刺入点

    プチスレッドの刺入点
    • 医師

      デザインをもとに、鼻にプチスレッドを挿入していきます。デザインは患者さまの鼻の状態や、なりたい鼻の形に応じ、お一人お一人に合わせてデザインしていますよ。
      プチスレッドは鼻先より挿入します。

  • Step12 麻酔の注射

    麻酔の注射
    • 医師

      麻酔の注射を行います。痛みに配慮して細い針でゆっくり注入します。
      また、事前に麻酔クリームを塗っている場合、個人差はありますが、痛みはほとんどないと思います。

  • Step13 鼻柱にプチスレッドを挿入

    鼻柱にプチスレッドを挿入
    • 医師

      まず、鼻先をつまみながら、骨に垂直になるようイメージしながら鼻柱(びちゅう)にプチスレッドを挿入します。鼻柱には4本プチスレッドを挿入します。

  • Step14 鼻筋にプチスレッドを挿入

    鼻筋にプチスレッドを挿入
    • 医師

      次に、鼻先が綺麗な角度になるようイメージしながら、鼻先から鼻筋に向かってプチスレッドを挿入します。鼻筋にも4本のプチスレッドを挿入します。

  • Step15 鼻先の微調整

    鼻先の微調整
    • 医師

      最後に、バランスを考えながら、鼻先を尖らせるように微調整を行います。

  • Step16 お疲れさまでした

    お疲れさまでした
    • 医師

      お疲れさまでした。リラックスして受けていただけていたらうれしいです。

  • Step17 患部のクーリング

    患部のクーリング
    • 医師

      最後に、患部を10分程度冷やします。目をつぶった状態になりますので、施術でお疲れでしょうからお休みになっていただいても構いませんよ。

  • Step18 ご帰宅

    ご帰宅
    • 医師

      お気をつけてお帰りくださいませ。数あるクリニックより共立をお選びいただきましてありがとうございました。
      お帰り後、何かご不安な事がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

プチスレッド・ノーズアップの概要
保険適用外の自由診療・税抜き

料金 1回8本挿入 ¥120,000
追加挿入※(4本) ¥48,000
※当日に限ります。

ヒアルロン酸、プロテーゼとの併用も可能。

共立美容外科は全国に24院あります

共立美容外科は全国に24院あります

共立美容外科は全国に24院あります。

ヒアルロン酸クレヴィエル・コントアの注入でアゴをシャープにする

「クレヴィエル・コントア」でアゴをシャープににする”

共立美容外科で受けられる鼻の施術

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340