共立美容外科は全国に24院展開しています。美容整形を中心とした美容医療を提供しています

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

ワキガ・多汗症治療ローラークランプ法

切らないローラークランプ法

臭いや多汗の原因を除去

ローラークランプ法とは?

ローラークランプ法とは?

ローラークランプ法は、ローラークランプという医療器具で、臭いや多汗の原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引して除去する「ワキガ・多汗症治療」です。

ワキガとは?

「ワキガ」とは、脇の下から気になる臭いが出てしまう症状のことです。体臭はだれにでもあるものですが、臭いが強いのが「ワキガ」です。

ワキガの原因は、脇の下にあるアポクリン汗腺からでる汗が皮膚にある細菌と混ざり発酵して臭いが強くなることです。そのため、わきが多汗症治療では、アポクリン汗腺を吸引して除去します。

多汗症とは

多汗症とは

「多汗症」とは汗が過剰に出てしまう症状のことです。多汗症の原因となるのは、エクリン汗腺です。

エクリン汗腺は99%が水分できていて、さらっとしている汗を出す汗腺です。体温の上昇に敏感に反応します。エクリン汗腺が過剰に反応してしまい汗が多く出てしまうのが多汗症です。

そのため、わきが多汗症治療では、エクリン汗腺を吸引して除去します

わきの汗腺について

わきの汗腺について

人の脇の下には臭いや多汗の原因となる2つの汗腺(かんせん)があります。「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」です。

アポクリン汗腺はわきの臭いの原因となる汗腺です。アポクリン汗腺から出る汗が雑菌により分解されると、脇から強い臭いを発するようになります。これがワキガと言われているものです。

一方、エクリン汗腺は、臭いは出しませんが、過剰に汗を出してしまう汗腺です。過剰に汗が出てしまう症状が多汗症と言われるものです。

小学生、中学生、高校生のお子様もお受けいただけます

超音波+ローラークランプ法は、小学生のお子様から中学生、高校生のお子様までお受けいただくことが可能です。未成年の場合、将来性も考えて傷跡に配慮して手術を行います。

腋の匂いや汗でお悩みのお子様を抱えていらっしゃる親御様がいらっしゃいましたら、まずは、カウンセリングにお越しいただき、医師にお子様の症状をご相談ください。

カウンセリング当日の手術も可能です。

医療器具のローラークランプについて

医療器具のローラークランプについて

ローラークランプ法で使用するローラークランプという医療器具は「ローラー」、「吸引棒」、「傷跡保護器具」の3つの部分で構成されています。

ローラー

皮膚を押さえながら吸引するためについています。ローラーで皮膚を抑えながら、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引します

吸引棒

アポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引する吸引棒です。数ミリ単位という細さになっています

傷跡保護器具

吸引時に皮膚と吸引棒の摩擦で皮膚を傷めないようにするための傷跡保護器具です。傷跡保護器具は傷跡を残りづらくする目的があります

ローラークランプ法の仕組み

ローラークランプ法は、皮膚をローラーで抑えながら吸引し、わきの臭いの原因となるアポクリン汗腺や、多汗症の原因のエクリン汗腺を吸引します

ローラークランプ法の仕組み

傷跡に配慮した器具

傷跡保護器具

ローラークランプ法では、傷跡に配慮するために、2〜4mm程度の吸引棒(カニューレ)を使用します。
その吸引棒で、臭いや多汗の元になる、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を吸引します。

吸引時に、皮膚と吸引棒がこすれて、傷ができないように、傷跡保護器具を使用して吸引します。

KB-sheath

傷跡保護器具を装着することで、吸引棒(カニューレ)が往復する際に生じる、皮膚と吸引棒との摩擦に配慮します。

解剖学

解剖学

人の脇の下には、多くの神経や血管、筋肉が存在しています。

大事な神経や血管を傷つけないようにするために解剖学を踏まえて治療しなければなりません

どの季節でもお受けいただけます

ローラークランプ法は、どの季節でもお受けいただける治療です。

どの季節でもお受けいただけます

施術の流れ

  • Step1 受付

    Step1 受付
    • 医師

      患者様を極力お待たせいただかないようにするために、完全予約制になっています。
      事前にお電話やホームページよりご予約をいただいたのち、ご来院くださいませ。

  • Step2 待合

    Step2 待合
    • 医師

      番号札(お名前)をお呼びするまで、待合室でお待ちいただきます。

  • Step3 問診票

    Step3 問診票
    • 医師

      カウンセリング前に、問診票をお書きいただきます。
      問診票には、脇の汗や臭いに関するお悩みを何でもお書きください。
      問診票をもとにカウンセリングをさせていただきます。

  • Step4 医師によるカウンセリング

    Step4 医師によるカウンセリング
    • 医師

      わきが多汗症手術の手術方法や注意事項をご説明させていただきます。
      治療内容に関して、ご質問等がございましたら、医師にご質問ください。

  • Step5 ご料金の説明

    Step5 ご料金の説明
    • 医師

      治療の前に、ご料金の説明をさせて頂いております。
      ご料金にご納得いただいてからの治療になります。

  • Step6 オペ室への移動

    Step6 オペ室への移動
    • 医師

      オペ室にご移動されましたら、横になっていただきます。
      緊張されないようにスタッフがお声がけさせていただいています。

  • Step7 超音波

    Step8 超音波
    • 医師

      アポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去しやすくするために、脇の下に超音波をかけます。
      超音波をかけることで、皮下組織の結合をゆるめることができ、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去しやすくできると考えています。

  • Step8 消毒

    Step9 消毒
    • 医師

      感染症を予防するために脇を消毒します。

  • Step9 デザイン

    Step10 デザイン
    • 医師

      ローラークランプを当てる範囲をデザインします。

  • Step10 局所麻酔

    Step11 局所麻酔
    • 医師

      麻酔の注射をします。痛みに配慮して細い針で、ゆっくり注入します。

  • Step11 ローラークランプ

    Step12 ローラークランプ
    • 医師

      ローラークランプを脇に当てていきます。
      アポクリン汗腺やエクリン汗腺の取り残しがないように、手で確認しながら吸引します。
      手術中は、麻酔が効いているので痛みはほとんど感じないと思いますので、リラックスして受けていただければと思います。
      手術中は複数の医療スタッフを配置して行っています。

  • Step12 圧迫固定

    Step13 圧迫固定
    • 医師

      手術後は、ローラークランプの挿入口の治りが早いように、脇にスポンジを当てて固定します。
      激しく手を上げたりすることは5日程度はお控え頂きます。

  • Step13 ご帰宅

    Step14 ご帰宅
    • 医師

      お疲れさまでした。
      次回は1週間後を目安に検診にいらっしゃってくださいね。

  • Step14 1週間後の検診

    Step15 1週間後の検診
    • 医師

      術後の経過を拝見させていただくために、手術後1週間を目安に検診にお越しいただいております。

  • Step15 アフターケア

    Step16 アフターケア
    • 医師

      脇の状態を確認させていただいてます。なにかご不安なことがありましたら、お気軽にご相談下さいね。

共立美容外科は全国に24院あります

共立美容外科は全国に24院あります

共立美容外科は全国に24院あります。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。

ローラークランプ法の料金と概要
保険適用外の自由診療・税抜き

施術料金(税抜き) ¥280,000
・性別・範囲で料金が変わることはありません。

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340